道のエコミュージアム・東海道駿河2峠6宿 駿河歩人(するがあいんど) 中国語  韓国語
メールを送る
 
トップページ道のエコミュージアム東海道と宿場の豆知識2峠6宿ナビ情報ウォーキングコースPDF活動状況駿河2峠6宿のあれこれ
2峠6宿蒲原宿由比宿薩た峠興津宿江尻宿府中宿丸子宿宇津ノ谷峠駿河歩人の旅案内人 十辺舎一九


トップページ > 2峠6宿ナビ(興津)

興津宿 〜東西、南北の交通の要衝の宿場〜

興津宿

 甲州へ続く身延道の起点でもあり、西園寺公望、井上馨等の要人がこぞって別荘を建てた風光明媚な場所。朝鮮通信使で有名な清見寺があります。

広重の興津宿

■見所
  古代より清見寺(せいけんじ)山下の清見関(きよみぜき)は坂東への備えの役割を果たし、鎌倉時代以降は興津氏が支配していました。天保14年(1843年)には本陣2軒、脇本陣2軒、旅籠屋34軒、宿内家数は316軒、人口は1668人、東海道17番目の宿場で、西に至る旅人は、峠を超えて一息つくのが興津宿であり、東に旅する人は、峠の難所を超え由比宿に至るために旅装を整える場所でした。
興津からは身延、甲府へ通ずる甲州往還(身延街道)が分岐し、交通の要衝であり、参詣の道、塩の道としての遺物も残っています。
江戸時代中・後期には興津川流域で生産される和紙の集散地でした。明治以降は、伊藤博文、井上馨など明治の元勲たちの別荘が建ち「避寒地」として全国的にも知られています。坐漁荘を建てた元老西園寺公には「興津詣で」と呼ばれるほど多くの要人が訪れていました。
また、近年製餡業の基礎を築いた町として注目されています。

見所の写真

ページの先頭へ戻る

興津宿の地図

■アクセス
  • 鉄道
    ・JR静岡駅からJR東海道本線上りで15分「興津駅」下車
    ・JR富士駅からJR東海道本線下りで18分「興津駅」下車
    ※上下線とも日中は約10〜15分間隔で運行しています。
  • バス
    JR清水駅前(4番のりば)から「しずてつジャストライン」バス「三保山の手線」で約8分「清見潟」下車
    ※平日は1時間に3〜4本、土日祝は2〜3本
    しずてつジャストライン  http://db.shizutetsu.co.jp/bus/index1.html
  • 徒歩
    JR興津駅から情報拠点(坐漁荘)までは徒歩約17分
    「清見潟」バス停から情報拠点(坐漁荘)までは徒歩約3分

情報拠点 ■情報拠点: 坐漁荘(ざぎょそう)
開館時間/10:00〜17:00(平日)
9:30〜17:30(土日祝)
休館日/月曜日(祝日は翌日)
年末年始
電話/054-369-2221
情報拠点: 志田邸
案内人 ■案内人
NPO法人AYU(鮎夢)ドリーム
静岡市清水区興津清見寺町115
電話/054-369-2221(坐漁荘)
料金/ガイド料は無料。ガイド1名につき1000円の交通費が必要。事前予約が必要。
十辺舎一九

■おすすめのコース
 1300年も前から関が設けられ、その立地が政府にとって重要な場所として位置づけられていた興津は、明治時代になると財政各界の著名人の別荘地として脚光を浴びていました。
このコースは旧東海道を歩きながら開国時の日本に思いをはせます。
まちの中には小さな博物館が点在していますのでこちらも必見。

●解説マップ 『興津宿』日本はここから見えていた 約3km(PDF 1.4MB)

ページの先頭へ戻る

 
Copyright(c)静岡二峠六宿街道観光協議会