道のエコミュージアム・東海道駿河2峠6宿 駿河歩人(するがあいんど) 中国語  韓国語
メールを送る
 
トップページ道のエコミュージアム東海道と宿場の豆知識2峠6宿ナビ情報ウォーキングコースPDF活動状況駿河2峠6宿のあれこれ
2峠6宿蒲原宿由比宿薩た峠興津宿江尻宿府中宿丸子宿宇津ノ谷峠駿河歩人の旅案内人 十辺舎一九


トップページ > 2峠6宿ナビ(江尻宿) > 2峠6宿小話(江尻宿)

江尻宿 〜巴川の河道と清水湊の海運で賑わった宿場〜

江尻宿

 カッパ伝説が残る稚児橋、開国を市民から支えた次郎長、洒落たウォーターフロントなど見所、楽しみどころがいっぱいです。

広重の江尻宿

■見所
  東海道の18番目の宿場であり、天保14年(1843年)には本陣2軒、脇本陣2軒、旅籠屋50軒、宿内家数は1340軒、人口は6498人でした。
「江尻」とは巴川の尻(下流)を示し、巴川が作る砂洲上にできた宿であります。甲州武田氏が築かせた「江尻城」「浜清水城」があり、城下町も作られ、鍛治町、鋳物師町、紺屋町などが配置され繁栄していました。
巴川河口を利用した清水港には、駿府町奉行支配のお蔵が18棟もあり、江戸へ物資を運ぶ重要な港として活気に満ちていました。しかし、本陣、脇本陣、旅籠など戦火で消失し残っていません。
重要港湾である清水港へは豪華客船、帆船が入港する風景が見られ、日の出地区は近年清水のウォーターフロントとして観光拠点ともなっています。

見所の写真

ページの先頭へ戻る

江尻宿の地図

■アクセス
  • JR
    JR静岡駅からJR東海道本線上りで11分「清水駅」下車
    JR富士駅からJR東海道本線下りで23分「清水駅」下車
    ※上下線とも日中は約10〜15分間隔で運行しています。
  • 静岡鉄道
    新静岡駅(新静岡センタービル)から「新清水駅」まで20分
  • 路線バス
    JR清水駅西口からしずてつジャストラインバス「三保山の手線」行き
    約10分「波止場フェルケール博物館」下車
    ※エスパルスドリームプラザまでは徒歩約3分
    しずてつジャストライン http://db.shizutetsu.co.jp/bus/index1.html
  • まちなか巡回バス(清水市街地の名所旧跡、観光施設を巡るバスが運行)
    JR清水駅東口午前10時〜4時まで20分間隔で運行 料金/大人100円 小人50円
  • 水上バス
    江尻〜日の出〜塚間まで約25分
    JR清水駅東口バス乗り場から約30分間隔 1日24便運行 料金/100円〜
  • エスパルスドリームプラザ無料シャトルバス
    JR清水駅北口〜静岡鉄道「新清水駅」〜エスパルスドリームプラザ前 約10分
    平日30分間隔、土曜休日15分間隔(時間帯によって違います
    http://www.dream-plaza.co.jp/access/tb_everyday.html

情報拠点 ■情報拠点
エスパルスドリームプラザ内インフォメーション
案内時間/10:00〜18:00
営業日/年中無休
店舗改装等により臨時休業有り
電話/054-354-3360
URL/http://www.dream-plaza.co.jp
エスパルスドリームプラザ
案内人 ■案内人
清水ふるさとガイド研究会
静岡市清水区辻3-3-12
電話/054-366-0992
料金/ガイド料は無料。ガイド1名につき1000円の交通費が必要。事前予約が必要。
十辺舎一九

■おすすめのコース
江戸時代には駿府町奉行支配のお蔵が18棟もあり、江戸へ物資を運ぶ重要な港として活気に満ちていた清水港。現在も静岡県の重要港湾として活躍しています。
その港や江尻の町を支えたのは色々な人々に会えるコースです。

●解説マップ 『江尻宿・清水湊コース』町や港を支えた江尻の人々 約2.5km(PDF 1.2MB)

ページの先頭へ戻る

 
Copyright(c)静岡二峠六宿街道観光協議会